落合石材

 

 

 

 

落合石材の概要

落合石材は昭和23年創業の香川県高松市牟礼町の庵治石産地に拠点を構える石材店です。弊社は庵治石専門の墓石メーカーですが、庵治石以外の国産石材や、安価な外国産石材での製作も可能です。庵治石とは香川県高松市牟礼町と庵治町の境に位置する五剣山山麓から産出される質の高い花崗岩を呼び、最高級石材として墓石や建造物などに用いられています。日本三大花崗岩の一つとして知られ、今では世界でも花崗岩のダイヤモンドと呼ばれ高く評価されている石材です。庵治石は鉱物の結晶の粒子が極めて小さく綿密であるため、一般的な花崗岩に比べ、硬度が高いのが特徴です。特にきめの細かい庵治石の細目(こまめ)は、日本産御影石の最高峰に位置づけられており、価格もトップクラスです。指先で押さえたような湿り気または潤いがまだらに出る「斑(ふ)」と呼ばれる独特の美しい模様が特徴です。磨けば石の表面が幻想的なかすり模様をみせるなど、磨くほどに艶が出てきます。また、結晶の粒子が小さく、綿密であることから他の花崗岩とは比較にならないほど細かな細工を施すことが可能になります。故に庵治石は丈夫で美しく、いつまでも風化しにくい為、墓石や記念碑、芸術品などにも最適な石材です。庵治石には、かさね、ナデ、二番と呼ばれる傷が多く、製品として使えるのは全体産出量の約3%しかありません。その中でも本当に良いところのみ使おうとすると、全体の約1%しか使えません。その希少価値の高さも世界一の最高級石材と言われている所以でもあります。代表的な建造物として、首相官邸石庭、東京オリンピックの聖火台、六本木ヒルズ内レストラン街、道後温泉又神殿、広島平和記念公園慰霊碑、屋島東照宮などに庵治石が使われています。弊社は庵治石の墓石やその他石材の製作する加工メーカーで代々受け継がれてきた伝統の職人技で高い品質と丁寧な施工を施します。その他にもお墓に関する修理・リフォームなどもお手伝いさせて頂きます。お墓はこまめにお掃除をして頂くと、綺麗な状態を保つことができ、汚れが定着しにくくなります。それでも長い年月が経つと欠けてしまったり、ズレが生じたり、汚れが取れなくシミになってしまうことがあります。弊社では綺麗なお墓で気持ちよくお参りして頂くために、定期的なお墓のメンテナンスを推奨しております。低コストでお墓が見違えるように生まれ変わります。お墓に関するお悩みであれば何なりとご相談ください。弊社には3つの大きな特徴があります。一つ目は国道沿いの大きな展示場や営業スタッフがいないことです。それは極力販管費をかけず、良い製品を適正価格でご提供したいという思いからです。最近では製品を外国工場で加工し、日本に輸入してくるケースが増えてきておりますが、日本の石はそれを熟知している日本の職人が加工してこそ本物の製品になります。弊社は本当に良い製品を作り続ける為に、自社生産にこだわり続けます。二つ目は庵治石産地で培ってきた石を見る目にも自信を持っており、熟練の職人がどこをどうやって切り出すと一番良いのか、納得するまで何度も石目を確認します。良い製品を作る為には良い素材を使うことが大切です。良い素材はそれを見極める目が何よりも重要です。特に庵治石には、かさね、ナデ、二番と呼ばれる傷が多く、切ってみて駄目なら別の石、さらに駄目ならまた別の石と、使える石が出てくるまで何度でも石を交換します。良い製品を作るために、石材の目利き作業にも決して妥協しません。三つ目に、弊社は庵治石産地で培ってきた技術、知識、経験を活かし、細部まで高品質な施工を施すのはもちろんのこと、目に見えない基礎部分には特に丁寧に時間をかけ施工します。庵治石を扱う職人としてのプライドに懸け、半端な仕事は絶対に致しません。香川県高松市牟礼町にある本社工場は石材加工の為に大口径切削機2台、中口径切削機2台、ダブル切削機2台、オフカット1台、穴あけ機1台、自動研磨機2台、手動研磨機3台を備えております。墓石だけではなく石を使った製品の加工であれば様々なご要望にも対応できます。近年は葬送の多様化が進み、また地方の過疎化や少子化問題によりお墓についてお悩みを抱える方も多くなってきています。その中にはお墓の引越し(移動・改葬)や墓じまい(撤去・処分)を考えられる方も増えてきております。今あるお墓について、もっとお参りしたいけど、遠くて頻繁に行けない。交通の便が悪いので、墓地まで行くのが大変。都会暮らしも長く、田舎に帰れる予定もないので、お墓をどうすればいいか。現在田舎のお墓は親戚が見てくれているが、今後はどうすればいいか。檀那寺で住職が代替わり、縁が薄くなってしまった。このようなお墓に関するお悩みをお持ちの方は、お墓の引越し(移動・改葬)を考えられ、お墓を既存の墓地から新しい墓地へ移転させたいという人が増えてきています。このようにお墓を引越し・移転させることを「改葬(かいそう)」といいます。お墓の引越し(移動・改葬)の流れとしましては、まず始めに移転先の墓地を探します。移転先が決まれば、移転先の墓地管理者に受入証明書又は墓地使用許可証を発行してもらいます。次に既存のお墓がある墓地の墓地管理者にお墓を引越し(移動・改葬)したい旨を伝え、埋蔵証明書又は納骨証明書を発行してもらいます。次に既存の墓地がある市区町村に「改葬」の申請をします。改葬許可申請書に要事項を記入し受入証明書(墓地使用許可証)と埋葬証明書(納骨証明書)を一緒に提出し、改葬許可証を発行してもらいます。提出書類は自治体ごとに異なりますのであらかじめ確認が必要です。弊社はお墓の引越し(移動・改葬)に関わる書類申請の代行も承ります。次に檀那寺の住職に墓前で読経してもらう閉眼供養や魂抜きと呼ばれる儀式を行います。ご遺骨の取り出しは、石材店もしくはご自身で行います。次に移転先の墓地へ搬入した既存の墓石もしくは新しく製作したお墓の据え付け工事を行います。完成後にお立会いのもと引き渡しとなります。最後に墓前で、開眼供養、魂入れなどの儀式を行い、ご遺骨を納骨します。納骨の際には改葬許可証と受入証明書が必要になります。以上でお墓の引越し(移動・改葬)は完了です。お墓の引越し(移動・改葬)にかかる費用については墓地の大きさや地域、墓石の大きさなどにより異なる為、一概には言えません。ご参考までに毎日新聞(2008年6月22日)の記事ではお墓の引越しにかかる平均費用は200~300万円と記載されています。しかし弊社のお客様には、既存の墓石をそのまま使い、墓地代も合わせて50万円以下の方も多くいらっしゃいます。お墓の状況や地域などにより金額は大きく異なってきますので、まずお問い合わせ頂くのが良いかと思います。このように手順や費用についてなど不安に思われる方も多くいらっしゃるお墓の引越しですが、実際にお墓の引越しをされたお客様からは「いつでもお参りできるようになって良かった」「長年の悩みが解決してすっきりした」など嬉しいお言葉を頂いております。弊社では面倒な書類手続きのお手伝いや、既存墓石の加工・クリーニングも可能ですので、お気軽にご相談頂ければと思います。また、最近では自分にもしもの事があったときに残された家族に負担をかけないように準備する終活という言葉を耳にする機会が増えてきました。終活は終焉に向けて行う活動の略で一般的に、残された人に迷惑が掛からないように今のうちに身の回りの身辺整理をしておくなど、やっておかなければいけないことばかりが強調されていますが、必ずしも人生の幕引きの準備という意味だけではなく、終活をすることで自分自身が今後の人生をより豊かに生きていこうという認識も増えつつあるようです。終活という言葉を耳にすると同時に墓じまい(撤去・処分)という言葉も一般的に使用されるようになりました。墓じまい(撤去・処分)とはやむを得ない事情でお墓が無縁墓となってしまう前にお墓を撤去・処分することを言います。墓じまい(撤去・処分)という言葉は近年生まれた造語であり、実はお墓の引越し(改葬)に必要な工程の一つで同じ意味合いです。最近ではお墓のある場所から離れて暮らす方が多くなり、高齢になって遠くまでお墓参りに行けなくなった。お墓のある田舎に、親戚がいなくなった。子供がおらず、後々お墓を見てくれる人がいなくなった。という悩みを抱える人も増えてきております。現在、地方を中心に過疎化が進んでおり、無縁墓と言われる放置されたお墓が増加しています。少子高齢化や過疎化が進む日本では、お墓を守る跡継ぎや承継者がいないという問題が各地で起きています。地方自治体も無縁墓の対応にはとても苦労しているようです。それに伴い墓じまい(撤去・処分)の手続きを代行したりする石材店以外の業者もたくさん出てきています。弊社は石材店としての確かな技術と知識で墓じまい(撤去・処分)のお手伝いもさせて頂いております。墓じまい(撤去・処分)の流れとしましてはまず始めにご遺骨の受け入れ先を探します。受け入れ先が決まれば、受け入れ先の管理者に受入証明書を発行してもらいます。次に既存の墓地管理者にお墓を撤去したい旨を伝え、埋蔵証明書又は納骨証明書を発行してもらいます。次に改葬許可申請書に必要事項を記入し受入証明書と埋葬証明書(納骨証明書)と一緒に市区町村へ提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。次にご遺骨を取り出す檀那寺の住職に墓前で読経してもらう閉眼供養や魂抜きと呼ばれる儀式を行います。ご遺骨の取り出しは、石材店もしくはご自身で行います。次に石材店が既存の墓石の撤去を行います。事前に相談し、日程を決めておきます。墓石の撤去後は墓地を更地に整備し返還します。最後に新しい永代供養先へご遺骨を納骨します。この際には改葬許可証が必要です。墓じまいの流れは以上です。弊社の思いとしましては、墓じまい(撤去・処分)をして終わりではなく、ご先祖様に対する供養と感謝の気持ちを再認識する新たなきっかけにしてほしいと思っております。また墓じまい(撤去・処分)ではなく他の方法でもお悩みを解決できるかもしれません。例えば弊社ではご高齢でお墓掃除をするのが困難な方、遠方にお住まいでなかなかお墓参りに行けない方など、様々な理由でお墓参り・お墓掃除に行けない方の代わりに、お墓のお掃除や管理代行サービスも承っております。サービスの内容としましては墓石の洗浄、墓石周りの枯葉や雑草取り、お線香、仏花を奉納します。墓石の汚れが特に気になる方には専用の洗剤と機材でクリーニングするプランもご用意しております。また、春・秋の彼岸、盆正月前の年4回の年間契約も承っておりますので、お墓の管理代行はお任せください。このようにお墓に関するお悩みをお持ちの方はまずは弊社までご相談下さい。大切なお墓についてのお悩みを一緒になって考え解決していきたいと思います。お墓を通して、お客様の幸せづくりのお手伝いができれば幸いです。